大学紹介

学長あいさつ

保健医療と地域に貢献する
優れた療法士の育成を図ります。

学校法人 淳心学園
北海道千歳リハビリテーション大学
学長

森  満

北海道千歳リハビリテーション大学は、平成29 年に、これまで長年にわたり地域医療や住民の健康に貢献してきた専門学校北海道千歳リハビリテーション学院の組織を基に開設いたしました。
本学は、我が国の急速な高齢化社会や地域における生活支援を重視した継続性の高い制度への転換などの社会背景を踏まえ、保健医療の発展と地域住民の健康に貢献するため必要な高度な専門技術を備え、加えて、豊かな人間性と幅広い視野を持つ人材の育成を図ることとしております。
本学の特色は、学生目線での教育指導と住民の障害予防と健康増進を担う療法士育成のためのカリキュラム構成や充実した卒後教育であります。
住民の高齢化とそれに伴う医療費の増大という我が国の現状にリハビリテーションの分野から貢献する人材を育成するという高い志をもって大学運営を行ってまいります。

プロフィール

【氏 名】
森 満(もり みつる)
【学 歴】
札幌医科大学医学科卒業(1978年3月) 札幌医科大学大学院医学研究科博士課程修了(1982年3月)
【学 位】
博士(医学)
【職 歴】
アメリカ合衆国NIH 客員研究員(1982年5月) 札幌医科大学公衆衛生学教室 助手(1984年7月) 久留米大学医学部公衆衛生学教室 講師(1991年1月) 佐賀医科大学地域保健科学講座 助教授(1993年4月) 札幌医科大学公衆衛生学講座 教授(1999年7月)
【受賞歴】
日本公衆衛生学会奨励賞(1993年10月) 北海道知事賞 北海道医師会賞(2004年9月) 日本疫学会功労賞(2012年1月)
PICK UPPICK UP
  • 学びの特色
  • 卒後教育
  • 千歳リハ大健康コラム
  • 北海道千歳リハビリテーション科学学会
  • 健康増進教室
  • ボランティア被験者募集